Shiseido Group 資生堂「おしゃれなひととき」〜季節からの贈り物〜2020冬・133号の収録

YouTube

Shiseido Group 資生堂「おしゃれなひととき」〜季節からの贈り物〜2020冬・133号公開中

こんにちは『瞳コンシャス』カラーアナリスト湯浅 智子です。  

SHISEIDOの音声によるビューティコンテンツ

「おしゃれなひととき」2020年 冬バージョン133号の収録をしてきました。

 

〜季節からの贈り物〜は

「おしゃれなひととき」の中のコーナーにあります。

『季節の風物詩』からテーマを選んで執筆し語りと音楽で季節の彩りを表現しています。

 

冬の風物詩:待雪草(マツユキソウ)=スノードロップ

今回は「冬の終わりから早春にかけて咲く純白の小さなお花」について書きました。

エデンを追われたイヴが地上で初めて迎えた一面雪原の冬の日。
イヴを慰めるためにあらわれた天使が、降っていた雪をその花に変えたという伝説があります。

寒さの厳しい冬の時期に、まっ白い小さなお花が春への希望をたくして健気に咲く。

真冬の白の美しさは格別です。

 

銀世界の空気のように 透明感のあるこの季節

あなたも冬の街にファッションの雪の華を咲かせてみませんか。

 

瞳コンシャスのカラーメソッドは、自然界の配色への恩恵から生まれました。

湯浅智子が手掛けるこの瞳コンシャスのパーソナルカラー分析のメソッドは、自然界の配色への恩恵から生まれました。

お仕事をさせて頂くようになってより季節の彩りと音の調べへの興味が深まりました。

日常に使う言葉の表現も豊かになってきているのを感じます。

 

とは言え、、、

言葉をはっきりと丁寧に話すだけでは埋められない表現のニュアンス。

プロの方の表現の奥の深さ。ほんと素晴らしいです。

それは回を重ねるごとに思います。

たくさんの気付きがあり、次の明確な課題があるということは幸せです。

 

2020年12月21日に公開しました。  

こちらは今までシーズンごとに制作されたCDです。

このサイト内で聴いていただけるのは過去一年間の語りと音楽です。

それ以前の語りは四季ごとに主催し開催している『色と音 癒やしの語り&コンサート』や

YouTube等でご紹介しています。

以下一年間のCDは、画像をクリックして頂くと音声サイトに飛びますので是非聴いてみてくださいね。

2020 春:130号2020夏:131号2020秋:132号2020冬:133号
たんぽぽあさがおコスモス待雪草(マツユキソウ)

パッケージの色彩はそれぞれのシーズンの語りのタイトルをイメージして作って頂きました。

 

LINE登録はこちらから、気軽にお話してみませんか?

noteマガジンのご登録はこちらから

プロフィール
この記事を書いた人
tomoca2315

【記事を書いた人のプロフィール】

★横浜在住

★「瞳コンシャス」パーソナルカラー分析歴25年以上(カラーアナリスト/アカデミー主宰)

★マナーデザイナー/学校・企業講師歴25年以上

★自然界の四季折々の色彩についてのエッセイを執筆、SHISEIDOの音声収録/
語り&コンサートを主催

●高校生の時、自分だけ制服の色が似合わないと思ったことでパーソナルカラーに目覚める。

●パーソナルカラー分析を学ぶために渡米&パリ。

●日本人には日本の彩り豊かな四季に合わせた似合うカラーが有ることに気づき、瞳の色に合わせた独自のカラーメソッドを生む。

●10000色のカラーの中からクライアントに合わせたカスタマイズカラーパレットを作り、これまで1000人以上の分析をしている。「10年経っても色褪せない」がテーマ。

tomoca2315をフォローする
YouTube 季節感 社会貢献 私のお気に入り 色と音
瞳コンシャスパーソナルカラーアナライズ
タイトルとURLをコピーしました