【メディア掲載情報】AERAdot.に盲学校での取り組みが掲載されました

セミナー

筑波大学附属の盲学校に通う生徒さん、及びOBの方へ色彩の講座を開催いたしました。

 

 

その取組に興味を持ってくださった記者さんが、

AERAさんに記事として掲載してくださいました。

 

5色のカスタマイズパレットを触る生徒さん

5色のカスタマイズパレットを触る盲学校の生徒さん

 

 

記事はこちらです。

↓   ↓   ↓

『視覚障害者にとって難しい“服選び”で服よりも大切なもの』

視覚障害者にとって難しい“服選び”で服よりも大切なもの 〈dot.〉
「視覚障害のある人に、カラーコーディネートの講座をしてくれませんか?」 カラーアナリストであり、マナー講座や就職支援講座の講師なども行う湯浅智子さんのもとにこんな依頼が来たのは3年前だった。 話を持ち...

 

ご一読頂けますと幸いです。

 

LINE登録はこちらから、気軽にお話してみませんか?

noteマガジンのご登録はこちらから

プロフィール
この記事を書いた人
tomoca2315

【記事を書いた人のプロフィール】

★横浜在住

★「瞳コンシャス」パーソナルカラー分析歴25年以上(カラーアナリスト/アカデミー主宰)

★マナーデザイナー/学校・企業講師歴25年以上

★自然界の四季折々の色彩についてのエッセイを執筆、SHISEIDOの音声収録/
語り&コンサートを主催

●高校生の時、自分だけ制服の色が似合わないと思ったことでパーソナルカラーに目覚める。

●パーソナルカラー分析を学ぶために渡米&パリ。

●日本人には日本の彩り豊かな四季に合わせた似合うカラーが有ることに気づき、瞳の色に合わせた独自のカラーメソッドを生む。

●10000色のカラーの中からクライアントに合わせたカスタマイズカラーパレットを作り、これまで1000人以上の分析をしている。「10年経っても色褪せない」がテーマ。

tomoca2315をフォローする
セミナー社会貢献色と音色彩分析
瞳コンシャスパーソナルカラーアナライズ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました