【メディア掲載情報】Shiseido Group 資生堂「おしゃれなひととき」2021年 春夏・第134号へ掲載されました

季節感

【メディア掲載情報】Shiseido Group 資生堂「おしゃれなひととき」〜季節からの贈り物〜2021年 春夏・第134号へ掲載されました

 

こんにちは『瞳コンシャス』パーソナルカラーアナリスト湯浅 智子です。

SHISEIDOの音声によるビューティコンテンツ

「おしゃれなひととき」2021年 春夏バージョン134号は3月22日にオンエアしました。

〜季節からの贈り物〜は

 

資生堂さんのリスナーズカフェ:美容コンテンツ「おしゃれなひととき」という番組の

コーナーにあります。

 

語りと音楽で季節の彩りを表現

134号春夏からは、自然界の中から見つけた主題について、季節ともに移りゆく色彩の変化を表現していきます。

 

 

春夏のテーマは『葉っぱ

 

太陽光線や大気の影響を受けた四季の葉っぱはどんな色彩表現をしていくのでしょう。

 

春の大地は、まるで水彩絵の具を使ったかのように、明るく陰りのない、フレッシュで輝かしい色彩の特徴で覆われます。

 

春色の調和は、春の黄色っぽい太陽光線の中で生まれます。

冬の間寒さで縮れていた木々の葉っぱは、生命力にあふれた鮮やかな黄緑色を広げ、黄色い光を受けてくるくると踊るように生き生きと輝きます。

夏になると、自然界の色の持つ特徴が青みに変わってきます。

 

また島国である日本列島は夏の間、湿気をたっぷり含んだ小笠原気団の影響を受けるために空気はゆったりと漂い辺りをくつろがせるのです。

 

夏の強い太陽光線は、遠くの山や海をシフォンのカーテンが掛かったようにもやもやと見せ、全ての色をちょっとぼやけた感じのグレートーンに変えていきます。

夏の情景はスモーキーなパステルくれよんで描き出されます。

 

 

春の間、眩しいくらいの黄緑色だった葉っぱは、夏の青みがかった光の中で淡い柔らかなブルーの色のついた刷毛でブラッシングされたように青緑に変わるのです。

 

青々と葉を茂らせた木立の日陰はほっと息をつかせますね。

 

 

人間が受け取る感覚は、色だけではありません。

質感と形。そして音も。

 

言葉と、声と、音楽から、香りも感じてもらえたら嬉しいな。

 

言葉と音から葉っぱのさやけきが聞こえますように
↓ ↓

 

 

瞳コンシャスのカラーメソッドは自然界の配色への恩恵から生まれました。

 

湯浅智子が手掛けるこの瞳コンシャスのパーソナルカラー分析のメソッドは、自然界の配色への恩恵から生まれました。

 

この執筆と語りのお仕事をさせて頂くようになって、よりいっそう季節の彩りへの興味が深まりました。

にます。

 

とは言え、、、

言葉をはっきりと丁寧に話すとか、表面的なスキルだけでは表現できないニュアンス。

一文の中にも、物語があるのです。

収録の回数を重ねるごとに、プロの方の表現の奥深さを学んでいます。

 

いま私が一番目指したいと思っているのは、聴いてくださっている方の緊張をほぐすように語りたい。ほんと進化したいなぁ、、。

 

 

こちらは今までシーズンごとに制作されたCDです。

 

このサイト内では過去一年間の語りと音楽を聴いていただけます。

 

それ以前の語りは四季ごとに主催し開催している『色と音 癒やしの語り&コンサート』や YouTube等でご紹介しています。

 

過去一年間のCDは、画像をクリックして頂くと音声サイトに飛びますので、是非聴いてみてください。

 

パッケージの色彩はそれぞれのシーズンの語りのタイトルをイメージして作って頂いています。

 

『季節からの贈り物』はパーカッショニスト本間 修治さんとの語りと音楽のコラボレーションです。

 
朝のお掃除タイムに
 
お仕事の合間のくつろぎタイムに
 
皆様の様々なシーンの中で「語りと音楽」を楽しんでいただけたら嬉しいです。
 
貸出用のCDにもなっていますが
 
Shiseidoさんのホームページ
 
 
 
2021年の春夏バージョンNo.134は CD「おしゃれなひととき」
 
収録番号2 季節からの贈り物 ―若葉から青葉へ―を是非聴いてくださいね^^
 
 

 

こちらはバックナンバーです。 今までの語りも合わせて聴いていただけると嬉しいです。 (画像をクリックして頂くと音声サイトに飛びます。)

 

2020夏:131号 2020秋:132号 2020冬:133号 2021春夏:134号
あさがお たんぽぽ 待雪草 若葉から青葉へ

 

 

                                                                        

 

LINE登録はこちらから、気軽にお話してみませんか?

noteマガジンのご登録はこちらから

プロフィール
この記事を書いた人
tomoca2315

【記事を書いた人のプロフィール】

★横浜在住

★「瞳コンシャス」パーソナルカラー分析歴25年以上(カラーアナリスト/アカデミー主宰)

★マナーデザイナー/学校・企業講師歴25年以上

★自然界の四季折々の色彩についてのエッセイを執筆、SHISEIDOの音声収録/
語り&コンサートを主催

●高校生の時、自分だけ制服の色が似合わないと思ったことでパーソナルカラーに目覚める。

●パーソナルカラー分析を学ぶために渡米&パリ。

●日本人には日本の彩り豊かな四季に合わせた似合うカラーが有ることに気づき、瞳の色に合わせた独自のカラーメソッドを生む。

●10000色のカラーの中からクライアントに合わせたカスタマイズカラーパレットを作り、これまで1000人以上の分析をしている。「10年経っても色褪せない」がテーマ。

tomoca2315をフォローする
季節感未分類私のお気に入り色と音
瞳コンシャスパーソナルカラーアナライズ
タイトルとURLをコピーしました